東洋大学にて物語理論の講義を開催しました

東洋大学にて物語理論の講義を開催しました

5月14日、東洋大学の2-3年生向けに留学計画を考えるための物語理論のワークショップを開催致しました。

IMG_1038

対象

今回は東洋大学で移民・多文化共生に関するゼミにお邪魔して留学の魅力や物語理論を使ったキャリアプランニングをワークショップを通してお伝えしてきました。「留学はしてみたいけど、なんとなく縁遠い気持ちでいる」という方が多い中、自由に妄想を広げて理想の留学計画を考えてみるという内容になりました。

 

ワークショップ

ワークショップでは、まず最初に物語理論の概要を説明します。そこから参加者の皆さんが自分の物語を作るフェーズへと移ります。過去の自分を書き出してみて、そこから理想の未来や理想の自分というものを描いてみるというものです。

Capture d’écran 2017-05-14 à 13.42.52

そして、今度はこの理想の未来のために今の自分が足りていないものを書き出し、その足りていないものを全部得られるような理想の留学を妄想してもらいます。そして、更にその理想の留学をするために今足りていないものは…? と少しずつ具体的かつすぐに出来ることまで落とし込んでいくというワークショップを行いました。

効果

IMG_1042

今回のワークショップの最大の効果は「理想の留学とかって遠い夢のような気がしていたけれど、意外とすぐに出来るところまで具体的にアクションを落とし込んでみると、できちゃうかも?」と思えるようにすることです。

実際、ほとんどの夢や理想というのはしっかりと分解してみると今すぐ出来る一歩まで落とし込むことができます。しかし、落とし込んでみないとそのための一歩を今踏むことは出来ません。そうすると、当然ながらいつまでも夢は夢のままで止まってしまいます。

今までの自分と繋がる未来を描き、その未来のために必要な「今できること」を可視化して踏み出していってもらうためのワークショップとなり、当日は良い雰囲気で終わることができました。

まとめ

留学をしてみたい、という大学生は実に7割以上と言われています。しかし、実際に留学を行う人はごく僅か(5-10%以下)です。その要因の多くが「お金、両親の反対」ですが、それは本当は現実感の問題なのではないかと思っています。

まさか留学なんて自分に出来るわけが無い、留学した先にどんなことが待ってるかわからない、留学のために必要なアクションがわからない、そんな理由で夢を諦めてしまっている人が多いのではないでしょうか。

僕はそのような人が少しでも減ることで、もっと自分のやりたいことにまっすぐ生きていける人達を増やしたいと思っています。毎月渋谷にて講義も行っておりますので関心のある方は是非ワークショップにお越し下さい。

渋谷でのワークショップはこちらから。直近では5月18日、5月31日の夜に開催致します。