内面の旅としての留学-何が出来るかではなく、何を良しとするかの変化を生もう

内面の旅としての留学-何が出来るかではなく、何を良しとするかの変化を生もう

これをしてあれをして、こんなことが出来るようになって…そんな外面の旅も重要でありながら、同時にあらゆる素晴らしい物語には常に内面の旅が含まれていることを知っていますか。事実だけでは足りません。

この連載について

この記事は「留学計画を、物語のように作ろう」という連載の中の一部です。胸躍るような物語、不朽の名作として語り継がれるシナリオ、それらの多くに共通する構造を読み取ることを文学の中でも物語構造論と言います。桃太郎もハリーポッターもスターウォーズも皆共通する構造を持っているのです。ハリウッドやディズニーのシナリオライターも活用する考え方を、私はキャリアや留学計画に応用する考え方「物語理論」として提唱しこれまで1000名以上に伝えてきました(中央経済社より書籍にもなっています)。

留学計画に悩んでいる人、いまある留学計画をもっと良いものにしたい人、出来上がった留学計画をもっと多くの人に響くものにしたい人は是非この連載を読み進めてみてください。きっとその悩みに応えるアドバイスがたくさん見つかるはずです。さあ、それでは始めていきましょう。

(ちなみに作った物語を人に伝えるときのために「TEDトークから学ぶ、人に伝わる留学計画」と題した連載を並行して行っていきます。是非御覧ください)

7月28日、8月5日にトビタテ10期書類審査向けのワークショップを開催します。多くの合格者を輩出しているワークショップに是非ご参加ください。詳細はこちらから。日程調整が難しい方、地方の方にはオンライン相談も対応しております、こちらを御覧ください。

連載「留学計画を、物語のように作ろう」
vol.1面白い物語には「テーマ」がある:留学計画の全ての始まりを話そう
vol.2あなたの物語(留学)に「求めてやまないもの」はあるか?
vol.3あなたの留学計画が退屈で平凡なのは「両極の対立」が含まれていないからだ
vol.4英雄流離譚(Hero's Journey)と留学計画:あなたは行きつ戻りつ何を得るのか?
vol.5あらゆる冒険譚に共通する要素を留学計画に盛り込んでみよう
vol.6内面の旅としての留学-何が出来るかではなく、何を良しとするかの変化を生もう
vol.7留学計画:あなたは「求めるもの」「動き」「障害」「選択」の組合せで出来ている
vol.8あなたの留学計画のログラインとシノプシスを教えてください
vol.9ボードビル(上演演目の順序決め)とあなたの留学計画の伝え方

 

外面の旅、内面の旅

素晴らしい物語には共通の構造があり、それには常に異世界への旅が含まれる。留学は住む場所も周りの人もガラッと変わるまさに異世界への旅であり、ゆえに留学計画を考える上で魅力的な物語を考える方法は極めて有効だ。特に誰かに自分の留学計画の素晴らしさを知ってもらうには(親を説得させたり奨学金が欲しいのなら、特に)。

旅には2種類のものがあり、外面と内面の旅がある。前者は「○○に行き、○○をして、○○といった能力を手に入れ、○○が出来るようになる」といった外から見てわかりやすい変化に重きを置いた旅だ。

例えば桃太郎はまさにこのように語られる。しかし、みなさんは桃太郎が「どんなことを思いながらそれをして、外面の旅の中でどのような心理的変化があったか」は全く知らない。これは内面の旅の話であるからだ。

もしかしたら桃太郎は鬼と出会う前は敵愾心で一杯だったかもしれない。しかし、宝を持ち帰るときには、泣きじゃくる鬼の子供を見て「私もまた、彼らから見たら鬼と変わらないのでは」と繰り返される暴力の連鎖の一旦を担ったことに気づき嫌な気持ちになるも「産み育ててくれた父母のためならそれでも良い」と覚悟をしているのかもしれない。

どちらか片方が魅力的なだけで面白い物語-留学計画-ではあるが、両方魅力的ならば尚良いだろう。あなたの留学計画に内面の旅を加える必要がある。(一般的に留学計画は外面の旅の要素が強くなる)

内面の旅と留学計画

内面の旅というのは具体的にどのようなものだろうか。それは、先程桃太郎の例で出したような「外面の旅の裏表」にある。外面の旅なくして内面の旅はなく、その逆も然りである。つまり「なぜそう思ったか」「次にどうしたいのか」は常にアクションとセットになっているのである。

内面の旅は以下のような形を取る

最初は問題が何かもわかっていない状態から、ある事柄を経て変化の必要を感じる。しかし、何をしたらいいのかわからない。無力感や変化に対する恐れを示すも、人や場と出会ってその恐れと向き合う。励まされたり偶然の出来事などもあって新しい何かを始めたり新しい場所に行く。そこで自分のやりたいこと、自分の力を自覚しそれを伸ばしたり、新たな力を獲得する。自分の感情の奥深くに潜り込んで、今までの自分が持つ価値観と対峙し、それを倒す。強い精神的動揺がある。幻想は壊れる。新しい価値観を得て、深い喜びやより確信的な自己像を得る。昔の自分に戻ろうとする誘惑や、戻そうとする友人や機会を与えられるが、それを避ける、あるいは関わり方を覚える。すべての問題を乗り越え、いまや完全に新しい自分になる。しかしいずれまた新しい問題と出会う…

留学計画と内面の旅は、実は相性が悪い。なぜならば、計画はすべて計画であって、それを実際にやったときに自分がどんな風に感じるかは計画段階ではよくわからないからである。しかし、2つの方法を使えばこれをなんとか調整することが出来る。

1.場合分けを用意する

1つ目の方法は、あるアクションをした後に自分がどう感じるのかを2-3に分けて予想して、それぞれのケースによって次のアクションを変えることを示すものだ。「まずボランティアをして、そこで自分がa.これは良いと感じる、b.ビジネスの重要性を感じる、c.自分には向いていないと感じる場合ごとに、次にこういうことをするつもりです」といった風に説明する。

これは結構大変だ。そもそもあることをしたらどんな風に自分が感じるのかを想像するのは難しい、他の類似の留学計画を行った人がどんな風にその内面の旅を過ごしたのかを聞いてみるのは参考になるだろう。

2.留学する理由に盛り込む

およそあらゆる留学計画は「留学先で何をしてくるのか」とは別に「なぜこの留学をしたいと思ったのか」ということを書かされる場所がほぼ間違いなくある。そこで、その「why」に応える形で自分の内面の旅を盛り込むことが可能だ。この場合、既に経験しているので具体的に書くことが出来る。

○○をして、○○をして、次に○○をして〜次に○○をしたいと思ってこの留学を決意しました。もしこんな風にやったこと、事実の羅列を書いているだけの志望理由書であるならば、それは改善が可能である。外面の旅にしかフォーカスしていない文章は面白くない。そこに内面の旅を盛り込むのである。

(○○をして)思っていたことと違う部分があり、(○○という機会があって)自分が本当にしたいことが何なのかわかった気がしたので(○○をして)、それが確信に変わりました。自分が今までやってきたこととやるべきこととが結びついた感覚を持ちました、といった風に。

まとめ

いかがでしょうか。物語理論は外面的な旅-すなわち何をやるべきか、という問いに応える部分-と内面的な旅-なぜそれに取り組むのか、という問に応える部分-の組合せで出来ています。

あなたの留学計画が魅力的で充実したものになるためには、この両面を捉える必要があるのです。何を、なぜやるのか。それによってあなたは心理的、能力的にどのように変化するのか。そこにワクワクするもの-つまり最初困っていたり不安に思っていたことが、その変化によって劇的に改善されるか-があるのかが重要です。

 

終わりに

魅力的な物語、ドラマや小説を作ることと、留学計画をブラッシュアップすることはとても良く似た作業を必要とする。キャラクターは現状に何か不満を持ち、外部へ飛び出して困難を乗り越え、何かを獲得して元いた場所に戻る。その時、最初にあった不満は獲得してきたナニカによって解消されるからです。

あなたの留学計画はどのように構成されていますか。どんな欠如を解消するために、どんな旅をしてくるつもりですか。そこに待ち受ける課題はどんなもので、それは誰と協力したりどんなトレーニングをしたら乗り越えられますか。それを乗り越えた先に得られる報酬はどんなもので、それは最初の欠如の解消に役に立つ形で説明できますか。

留学計画を物語のように語ってみること。これがあなたの留学計画をより魅力的なものにし、また人に伝わりやすくするための一番の方法なのです。

7月28日、8月5日にトビタテ10期書類審査向けのワークショップを開催します。多くの合格者を輩出しているワークショップに是非ご参加ください。詳細はこちらから。日程調整が難しい方、地方の方にはオンライン相談も対応しております、こちらを御覧ください。

連載「留学計画を、物語のように作ろう」
vol.1面白い物語には「テーマ」がある:留学計画の全ての始まりを話そう
vol.2あなたの物語(留学)に「求めてやまないもの」はあるか?
vol.3あなたの留学計画が退屈で平凡なのは「両極の対立」が含まれていないからだ
vol.4英雄流離譚(Hero's Journey)と留学計画:あなたは行きつ戻りつ何を得るのか?
vol.5あらゆる冒険譚に共通する要素を留学計画に盛り込んでみよう
vol.6内面の旅としての留学-何が出来るかではなく、何を良しとするかの変化を生もう
vol.7留学計画:あなたは「求めるもの」「動き」「障害」「選択」の組合せで出来ている
vol.8あなたの留学計画のログラインとシノプシスを教えてください
vol.9ボードビル(上演演目の順序決め)とあなたの留学計画の伝え方

 

また、このような留学計画の作り方や語り方について1000名以上のカウンセリングをしてきました。オンラインでの個別相談を希望の方はぜひこちらよりご連絡ください。