TEDトークでも重要視される「物語」の伝え方

TEDトークでも重要視される「物語」の伝え方

物語理論は様々な場面で活用されます。留学計画の作り方はもちろん、その伝え方まで「物語」の重要性はTEDトークでも強く指摘されているのです。面接で伝えることは事実でも計画でもなく「物語」です。

本連載について

この記事は「TEDトークから学ぶ、人に伝わる留学計画」という連載の中に位置します。留学計画に悩む人は往々にして「作り方」と「伝え方」のどちらかに困っていることが多いため、このような連載を開始致しました。

(ちなみに作る方は「留学計画を、物語のように作ろう」と題した連載を並行して行っています。是非御覧ください)

どんなに面白いジョークも伝え方を間違えると陳腐で退屈なものになります。ドラマチックな物語のような留学計画を作るだけではなく、それを人に面白く物語った時に初めて人の心を打つのです。スピーチも面接も自己紹介も書類を書くのも、内容だけではなく伝え方に気を遣わねば誰にも届かないものになってしまうのですから。

連載「TEDトークから学ぶ、人に伝わる留学計画」
vol.1たった1つの想いを語ろう:TEDトークから学ぶ留学計画の伝え方
vol.2まずパーソナルストーリーより始めよ:TEDトークから学ぶ留学計画の伝え方
vol.3.〈Whyが先、Howが後〉TEDから学ぶ、人に共感される話し方のゴールデンルール
vol.4応援したくなる留学計画の話し方には3つのパターンがある:TEDトークから学ぼう
vol.5TEDトークから学ぶ、人に伝わる話し方の「おしまい」でやってはいけないこと
vol.6.TEDトークでも重要視される「物語」の伝え方
vol.7.あなたは何者として語るのか? スピーチにおける自分の持つ役割の自覚
vol.8TEDトークが胸を打つのは「心からの情熱」を語るからだ

 

あなたの物語の主人公は

あらゆる物語には必ず主人公がいますが、あなたが自分の物語を語るとき、その主人公はやはりあなたになります。留学計画とはまさにあなたがこれから描き出す物語のプロットですから、主人公には活躍してもらわないといけません。

しかし、活躍といっても「完全無欠の高い能力を持った人間が目の前に現れた問題を淡々と事務的に解決する」ということではありません。活躍の中には失敗があり、挫折があり、後悔もあれば嫉妬すらあるのです。

物語のようにあなたがこれまでの人生や留学計画を語る時に、どんなことに気をつけたら良いのか簡単にまとめていきましょう。

1.欠点や複雑な事情を抱えた人であれ

まず第一に、主人公を素晴らしすぎる人間にしてはいけません。等身大のあなたと同じように、甘いものを食べすぎてしまうときもあれば、寝坊しかけて急いで家を出る日だってある普通の人間のように語る必要があります。

誘惑に負けるときもあるし、怠惰な一日もあってよいのです。決して、あなたをあなた以上の存在として語ってはいけません。聞き手が「わかるなあ」とうなずけるような要素をきちんと共有しましょう。

2.行為や思考を再現せよ

物語とは極論を言うと、「誰がなにをして、どうなったか、何を感じて考えたか」が時系列に並んだものです。あなたは今に至るまでに、そしてこれから行く留学計画を考えるまでに、一体何をしてきたのか。どんなことを考えてきたのか。

様々な課題や悩みとどう向き合って、何をして、どう変わってきたのかを相手に伝える必要があります。最後の答えだけを提示するのではなく、なぜその答えにたどり着いたのかが重要なのです。

3.課題とその克服を明らかにせよ

物語の最初と最後では課題は変わっていることが多いものです。子供の時はご飯を食べるだけでもたくさんものをこぼして親に怒られていたかもしれませんが、20歳以上の大学生がそんな悩みを抱えていることは少ないでしょう。

その時その時、どんなことに悩んだのか。それをどう乗り越えて、新しい自分になったのか。しかし新しいと思ったらまたすぐに課題や疑問が浮かんできます。そんな風に、課題→葛藤→解決→新しい自分→新しい課題、という風に話を続けていきましょう。

小さな課題と克服を示さず大きな課題と克服だけを語ろうとすると、話が長いのに山場がなく、きいている側としては飽きてきてしまうのです。

4.葛藤を乗り越え決断せよ

そして、一番大事なことは自分の選択や行動にあった「葛藤」を押し出すことです。右に行っても良い、でも左にも間違いなく価値がある。Aを選べば多くの人が助かるかもしれない、でもBを選ばないと自分の一番大切な人を不幸にさせてしまうかもしれない。

そんな葛藤をどうやって乗り越えたのか、その先にどんな答えを選んだのかを考えてみてください。これまでの人生の中で、きっとそういう場面があったはずです。そしてその決断の方法や価値観において、あなたというキャラクターのすべてが集約されます。

留学中、前後で苦難を乗り越えよう

さて、物語というのはとても重要な考え方です。あなたの人生も、留学計画も、全ては物語です。なぜなら、あなたというキャラクターがいて、様々な課題や選択肢を乗り越えて決断して、変わり続けていくからです。それが物語ということです。

多くの人は、物語を生きています。しかし、自分でそれを認識することは簡単ではありません。毎日生きている中で、悩み、葛藤し、逃げ出したり努力しながら生きることは当たり前になってしまっているからです。

しかし、人に納得してもらったり応援してもらうためには(つまり留学のために周りの人を説得したり、奨学金を手に入れるためには)自分の人生を咀嚼して物語として再構成して人に伝える必要があります。

人はどんな人を応援したくなるでしょうか? それは苦難を乗り越え、決断しながら自らの道を切り開いていく人です。そんな人に共感し、同一視しながら、自分が貢献出来ることはなんだろうと考えることが応援するということです。

1.あなたが留学計画を考えるまでにどんな道のりがあったのか
2.あなたの留学計画にはどんな冒険が含まれているのか
3.留学を終えて帰ってきたあなたは、その後どんなことをするのか

これらはすべて物語です。1つ1つの中にドラマがありますし、全体として見たときのドラマもあります。それらをきちんと自分の中で整理して人に伝えることこそが重要なのです。

ちなみに「留学計画を物語のように考えよう」という連載も行っていますので是非そちらもご確認ください。

7月28日、8月5日にトビタテ10期書類審査向けのワークショップを開催します。多くの合格者を輩出しているワークショップに是非ご参加ください。詳細はこちらから。日程調整が難しい方、地方の方にはオンライン相談も対応しております、こちらを御覧ください。

連載「留学計画を、物語のように作ろう」
vol.1面白い物語には「テーマ」がある:留学計画の全ての始まりを話そう
vol.2あなたの物語(留学)に「求めてやまないもの」はあるか?
vol.3あなたの留学計画が退屈で平凡なのは「両極の対立」が含まれていないからだ
vol.4英雄流離譚(Hero's Journey)と留学計画:あなたは行きつ戻りつ何を得るのか?
vol.5あらゆる冒険譚に共通する要素を留学計画に盛り込んでみよう
vol.6内面の旅としての留学-何が出来るかではなく、何を良しとするかの変化を生もう
vol.7留学計画:あなたは「求めるもの」「動き」「障害」「選択」の組合せで出来ている
vol.8あなたの留学計画のログラインとシノプシスを教えてください
vol.9ボードビル(上演演目の順序決め)とあなたの留学計画の伝え方

 

終わりに

留学計画は作るだけではなく、その伝え方にも注意する必要があります。素晴らしい物語を持っているのに、書類にうまく落とし込めなかったり面接でうまく話せなくて落ちてしまう人はたくさんいます。是非今後の様々な募集に備えて本連載を追いかけてみてください。

物語のような留学計画の作り方、そして物語のような伝え方について1冊の書籍を2017年に中央経済社より出版しています。興味のある方は是非御覧ください。トビタテ生のリアルな物語も7本収録されています。

このような留学計画の作り方や語り方について1000名以上のカウンセリングをしてきました。オンラインでの個別相談を希望の方はぜひこちらよりご連絡ください。

連載「TEDトークから学ぶ、人に伝わる留学計画」
vol.1たった1つの想いを語ろう:TEDトークから学ぶ留学計画の伝え方
vol.2まずパーソナルストーリーより始めよ:TEDトークから学ぶ留学計画の伝え方
vol.3.〈Whyが先、Howが後〉TEDから学ぶ、人に共感される話し方のゴールデンルール
vol.4応援したくなる留学計画の話し方には3つのパターンがある:TEDトークから学ぼう
vol.5TEDトークから学ぶ、人に伝わる話し方の「おしまい」でやってはいけないこと
vol.6.TEDトークでも重要視される「物語」の伝え方
vol.7.あなたは何者として語るのか? スピーチにおける自分の持つ役割の自覚
vol.8TEDトークが胸を打つのは「心からの情熱」を語るからだ