TEDトークが胸を打つのは「心からの情熱」を語るからだ

TEDトークが胸を打つのは「心からの情熱」を語るからだ

留学計画をうまく伝えられない、語るべきことが見つからない。そんなあなたは、もしかしたら「心からの情熱」を持っていないか、気づいていないか、それを話しても仕方ないと隠しているのかもしれません。

本連載について

この記事は「TEDトークから学ぶ、人に伝わる留学計画」という連載の中に位置します。留学計画に悩む人は往々にして「作り方」と「伝え方」のどちらかに困っていることが多いため、このような連載を開始致しました。

(ちなみに作る方は「留学計画を、物語のように作ろう」と題した連載を並行して行っています。是非御覧ください)

どんなに面白いジョークも伝え方を間違えると陳腐で退屈なものになります。ドラマチックな物語のような留学計画を作るだけではなく、それを人に面白く物語った時に初めて人の心を打つのです。スピーチも面接も自己紹介も書類を書くのも、内容だけではなく伝え方に気を遣わねば誰にも届かないものになってしまうのですから。

TEDトークは、人に伝えるための方法を学ぶためにピッタリの題材です。人にうまく伝えられる人は、どんな順番でどんなことを伝えているのでしょう。この連載ではその秘密を探っていきます。


連載「TEDトークから学ぶ、人に伝わる留学計画」
vol.1たった1つの想いを語ろう:TEDトークから学ぶ留学計画の伝え方
vol.2まずパーソナルストーリーより始めよ:TEDトークから学ぶ留学計画の伝え方
vol.3.〈Whyが先、Howが後〉TEDから学ぶ、人に共感される話し方のゴールデンルール
vol.4応援したくなる留学計画の話し方には3つのパターンがある:TEDトークから学ぼう
vol.5TEDトークから学ぶ、人に伝わる話し方の「おしまい」でやってはいけないこと
vol.6.TEDトークでも重要視される「物語」の伝え方
vol.7.あなたは何者として語るのか? スピーチにおける自分の持つ役割の自覚
vol.8TEDトークが胸を打つのは「心からの情熱」を語るからだ

 

うまく話せないのか、話すべきことがないのか

素晴らしいTEDトークを行う人に「一体なぜそんなに上手に人に話すことが出来るのか?」と問うと、多くの人はこのように応えるでしょう。

「私は話が上手なわけではない。ただ、自分が心から情熱を込めて話すことを話しているだけだ」と。

留学計画や様々な面接で何を話したらいいのかわからないと悩んでいる人は、よくよくこの言葉を噛み締めてみる必要があると思います。必要なのは上手さではなくて、情熱なのだとしたら、あなたがいま語っていることは本当にあなたの心の奥からの本心なのでしょうか。

留学奨学金などの面接や書類で重要なのは相手に応援したいと思ってもらうことですが、そもそもその応援してもらいたいことというのは、あなたが本当にしたいことなのでしょうか?

それっぽく作っても、少し質問されただけで返事が出来なくなってしまう程度の完成度なのだとしたら、もしかしたらそもそも応援してもらうだけの価値がある留学計画ではないのかもしれません。

話すべきことが無い人もいる

これまで沢山の留学計画を聞いてきましたが、実際のところ上記にあてはまる人も少なくありません。「何となく留学に行きたい」「留学すれば何か変わる気がする」これらは留学がありきになっている考え方になっています。留学に行きたい「から」何か計画をこしらえようとするわけです。

私は伝えたいことがない人に伝え方を教えることは出来ません。最初から最後までハリボテの留学計画で奨学金を取るのは極めて困難です。そういう段階の人は、お金をもらって留学することより以下のオプションを選択することをオススメします。

1.自費で1ヶ月でいいから実際に行きたいところに行ってみる
2.留学先でやりたいことが出来る場所を国内で見つけてチャレンジする

このどちらかをしないと、まず間違いなく「やりたいこと」「伝えるべきこと」など得られないでしょう。情熱が生まれてから行動するのではありません。行動するからこそ情熱を持てるようになるのです。やりたいことを見つけたいなら、やりたいことかどうかあらゆるオプションを試し続ければ良いのです。

したいこと、情熱を注げることというのは行動の中で見出すことが出来ます。そしてほとんどの場合、海外に行かなくてもまず日本で出来ることがあります。世界に飛び出す前に日本で学べることがあるのにやらない人を、果たして人は応援したくなるでしょうか?

情熱がある人はそれを語ろう

そしてもちろん熱い情熱を持って留学をしようと考えている人もいます。そういう人たちに伝えたいことは「あらゆる伝え方よりもなによりも、結局はその情熱を語るしかないんです」ということです。

この連載でもたくさんの話をしていますが、突き詰めると1つのことしか言っていません。それは「あなたの情熱を、たった1つのメッセージに込め、話すことすべてをそのメッセージに着地させるようにせよ」ということです。

メッセージが多くても聞いている方は混乱してしまいます。あなたが取り組んでいることについて、100でも200でも語ることが出来ると思いますが、それらはすべて1つのメッセージに紐付けた形で話さなくてはなりません。

あなたの情熱の核心はなんなのか、それによる世界の変化を一言でまとめるとなんなのか。私の場合は「知を獲得し、視野を広げ視点を増やし視座を高めて世界を豊かに捉えられるようになること、その喜び」こそがすべての核心です。

あなたの行動原理は、対象や方法は、一言でまとめるとどうなるでしょう。実は情熱を持っている人ほどこれを創るのが大変です。1つのメッセージに絞ることに全力を注ぎましょう。後は何を話しても結局のところ問題ないのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか、留学計画がうまく作れないという人にはちょっとショッキングな内容だったかもしれませんが、紛れもない事実です。やりたいことがある人は、留学計画の内容そのものに悩むことはほとんどありません。それを実現するために色んなところに連絡を取って確約を取ることなどは大変ですが、やりたいことがブレることはありません。

そして心に情熱を持っている方は、とにかく1つのメッセージに落とし込んでみてください。他のあらゆるテクニックはその1つのメッセージを魅力的なものにするための装飾にすぎない事を忘れないでください。

終わりに

留学計画は作るだけではなく、その伝え方にも注意する必要があります。素晴らしい物語を持っているのに、書類にうまく落とし込めなかったり面接でうまく話せなくて落ちてしまう人はたくさんいます。是非今後の様々な募集に備えて本連載を追いかけてみてください。

物語のような留学計画の作り方、そして物語のような伝え方について1冊の書籍を2017年に中央経済社より出版しています。興味のある方は是非御覧ください。トビタテ生のリアルな物語も7本収録されています。

このような留学計画の作り方や語り方について1000名以上のカウンセリングをしてきました。オンラインでの個別相談を希望の方はぜひこちらよりご連絡ください。

連載「TEDトークから学ぶ、人に伝わる留学計画」
vol.1たった1つの想いを語ろう:TEDトークから学ぶ留学計画の伝え方
vol.2まずパーソナルストーリーより始めよ:TEDトークから学ぶ留学計画の伝え方
vol.3.〈Whyが先、Howが後〉TEDから学ぶ、人に共感される話し方のゴールデンルール
vol.4応援したくなる留学計画の話し方には3つのパターンがある:TEDトークから学ぼう
vol.5TEDトークから学ぶ、人に伝わる話し方の「おしまい」でやってはいけないこと
vol.6.TEDトークでも重要視される「物語」の伝え方
vol.7.あなたは何者として語るのか? スピーチにおける自分の持つ役割の自覚
vol.8TEDトークが胸を打つのは「心からの情熱」を語るからだ