満足度100%! トビタテ8期生向け少人数ワークショップを終えて

満足度100%! トビタテ8期生向け少人数ワークショップを終えて

20-100人規模のワークショップではなく、最大5名の少人数ワークショップを開催し、代表自ら参加者全員にフィードバックする形で開催した物語café。参加後の評価が「満足(83%)」「やや満足(17%)」という高評価を頂くことが出来ました。

Capture d’écran 2017-09-19 à 18.21.32

概要

トビタテ8期生を目指している方に対して、少人数のワークショップを開催致しました。受かるための書類作りや面接対策といったものではなく、「自分の今までの人生があって将来やりたいことが見えてくる。これから何をしたら将来やりたいことが出来るのか?」ということを考えてもらいます。

事前にワークシートを記入してきてもらってから、当日はそれを他の参加者に向けて発表します。普段中々留学計画を人に向かって話す機会が少ない人ほど「なんでその留学計画なのか?」が聞いている人に伝わらない発表をしてしまいがち。

それに対して「これってどういうこと?」「なんでAの経験をしたからBになるの? 繋がらないのでは」といったツッコミを受け、留学計画を修正してまた発表、そしてまたツッコミを受けて…ということを行っていきます。

結果

参加した人達の評価は極めて高いものとなりました。例えば、「イベントに参加する前、次にやることは見えていましたか?」という設問に対しては参加者は一人も見えていないという回答をしていました。

Capture d’écran 2017-09-19 à 18.28.38

しかし、このワークショップを通して「自分が次に何をするべきか、どんなことを考えなくてはいけないか」を徹底的に(私だけではなく)他の参加者からのフィードバックを受けることで、それが見えてくるようになります。実に半数が「具体的に見えている」残りの半分も「だいたいは見えている」へ変化します。

Capture d’écran 2017-09-19 à 18.30.48

このように、物語caféを通して自分の次の一歩(すなわち留学)が非常にクリアになり、他人も自分も納得するような留学計画に近づいていることがわかります。

生の声

このような数字だけではなく、実際に参加した人たちの声も掲載したいと思います。まず参加前に期待していたことは以下のようなものでした。

・留学作成書の作成に役立つことの発見
・トビタテに受かる、ストーリーの作り方
・自分の留学計画を解りやすく人に伝えたい
・過去、留学計画、将来のつながりを明確にすること
・留学計画のブラッシュアップ、トビタテ候補生との出会い
このような期待に対して、満足度は極めて高いものでした。更に「今回の参加で得られたこと」については、以下のようになりました。
・物語の優先順位を着けることの重要性と、順位の付け方。
・欠如と解消の必要性、ストーリーのピックアップ
・留学のゴールの先に、自分が将来何をしたいかが見えてなければいけないこと。
・自分の留学計画をうまく伝えられない現状をシビアに理解でき、その解決の道も少し掴めた。
・周りにこのように自分のことに対してフィードバックをくれる人はほとんどおらず、さらに自分のやりたいことを胸張って話している人も少ないです。 自分のこと、みんなの留学のこと、共有できたのが良かったです。

留学計画の作り方、それを人に伝える時の方法、また一人では中々考えられないようなことを一緒に話しながら考えることの出来る場として機能していたということがわかります。最後に全体の感想を載せておきます。

・ほかの人に共有しながらブラッシュアップ出来るのはすごくいいことだと思いました。
・ブラッシュアップでき、もっとよく出来そうだと思いました。家に帰ってさらにパワーアップさせます!
・面白かったです!また来たいです!
など、非常に好意的な感想が多く、少人数ならではの人と人の距離が近い形で開催することが出来ました。

終わりに

今回大きく変えたのは、ワークシートを事前に埋めてきてもらったことです。それによって時間を使って自分なりに考えを深めた上で、当日は出来るだけ話してフィードバックを相互にする時間を多く持つことができ、それが満足度に繋がったと考えています。
今後も少人数に対して留学計画のブラッシュアップや留学計画の伝え方についてのワークショップを小規模で開催していきます。また、興味のある方は個別でオンライン相談も承っておりますので是非気軽にご連絡ください。