1月27-28日 トビタテ9期向け超少人数ワークショップ開催

1月27-28日 トビタテ9期向け超少人数ワークショップ開催

8期応募生向けのワークショップが満足度100%となった、超少人数向けワークショップを再び1月末に開催いたします。2017年には書籍も出版された「物語café」に是非ご参加ください。

概要

対象者

・トビタテ9期応募生で、自分の留学計画をブラッシュアップしたい
・人に自分の留学計画を聞いてもらってフィードバックを受けたい
・他の人の留学計画を聞いてみたい、一緒に相談出来る友達が欲しい
・留学するかどうか悩んでいる/留学計画がうまく作れない
・周りに相談出来る人、熱く語っても反応をくれる人が少ない

そんな人に是非参加して欲しいワークショップとなっています。

会場、参加費

会場は西新宿徒歩3分。

参加費用は2時間半3000円(クレジット事前支払いで10%割引)。

日程

1月27日(土)、1月28日(日)の10:00-12:30、14:00-16:30が候補日程となっております。是非、こちらからご応募ください(google form)。

少人数での開催になるため調整が必要になる可能性が高いので、確実に参加されたい方は複数日程指定頂けたら幸いです。

物語cafe

物語ワークショップとは

代表の中川が開発したキャリア理論【物語理論】を、留学計画ブラッシュアップに応用したワークショップです。

既に1000名以上の方が体験しており、2017年4月には中央経済社より書籍を出版。また、トビタテ留学JAPAN7期生向けの事前研修にも採用されています。

いわゆる面接対策のような内容ではありません。自分の過去、未来、そして今をワークシートを通して掘り下げながら、未来に向かうための一歩としてどんな留学計画が求められるのかを他の参加者と話しながら作り上げていきます。中には「それが未来の目標なら、留学は別に必要ないかもしれない」といった結論が出ることもあります。

ワークショップでは留学計画だけを話すのではありません。むしろ、普段人にわざわざ話さないような子どもの頃の記憶や、将来の少し恥ずかしいくらいの目標、あるいはそれがないことの焦りを共有しながら、過去と未来から逆算される留学計画を考える時間になっています。

ワークショップに満足した人の割合は85%以上、次の一歩(多くの場合は留学)が明確になった人は90%を超えており、対象参加者に対して有効なワークショップです。また、参加者の中から多くの方がトビタテ生になっています。

worksheet.example-2

少人数ワークショップ

物語理論は最大100名以上の方に講演することの出来るものですが、丁寧なフィードバックをするには少人数が一番。そこで、2017年9月に8期向けの超少人数開催を行った所、満足度100%という素晴らしいワークショップとなったことをキッカケに、今回も超少人数で開催しようと考えております。

代表はトビタテ生向けシェアハウスを立ち上げ、多くのトビタテ生の留学計画を聞いてきたからこそ、あらゆる留学に対してアドバイスが可能ですし、近い分野のトビタテ生を紹介することも出来ます。

留学するかどうか悩んでいるという人から、自分の留学計画をもっと良くしたいという人まであらゆる方に開かれたワークショップです。是非、こちらからご応募ください(google form)。

また、遠方の方や日程の都合がどうしても合わない方はオンラインでの相談も可能です。今なら60分8000円のところ、5000円から承っておりますので是非こちらよりご連絡ください。

主催者

トビタテ1期生トップレベル大学等コースでフランス政治学院に留学した中川瑛。トビタテ生の情報を発信するwebメディア、トビタテ生向けシェアハウスの設立などトビタテに関わる様々なコミュニティ活動を行いながら留学相談を多数行い、2017年4月に書籍「最高のキャリアの描き方」を中央経済社より出版。企業、NPOなどで留学やキャリアに関する講義やワークショップを開催している。