あなたの物語(留学)に「求めてやまないもの」はあるか?

あなたの物語(留学)に「求めてやまないもの」はあるか?

「あなたは何を求めているのか?」この問いに応えることが出来ないなら、あなたの留学計画は多分スカスカに違いない。人は求めるものを目指して突き進むものだし、それ無しではドラマはありえないからだ。

この連載について

この記事は「物語理論と留学計画」という連載の中の一部です。胸躍るような物語、不朽の名作として語り継がれるシナリオ、それらの多くに共通する構造を読み取ることを文学の中でも物語構造論と言います。桃太郎もハリーポッターもスターウォーズも皆共通する構造を持っているのです。ハリウッドやディズニーのシナリオライターも活用する考え方を、私はキャリアや留学計画に応用する考え方「物語理論」として提唱しこれまで1000名以上に伝えてきました(中央経済社より書籍にもなっています)。

留学計画に悩んでいる人、いまある留学計画をもっと良いものにしたい人、出来上がった留学計画をもっと多くの人に響くものにしたい人は是非この連載を読み進めてみてください。きっとその悩みに応えるアドバイスがたくさん見つかるはずです。さあ、それでは始めていきましょう。

連載「留学計画を、物語のように作ろう」
vol.1面白い物語には「テーマ」がある:留学計画の全ての始まりを話そう
vol.2あなたの物語(留学)に「求めてやまないもの」はあるか?
vol.3あなたの留学計画が退屈で平凡なのは「両極の対立」が含まれていないからだ
vol.4英雄流離譚(Hero's Journey)と留学計画:あなたは行きつ戻りつ何を得るのか?
vol.5あらゆる冒険譚に共通する要素を留学計画に盛り込んでみよう
vol.6内面の旅としての留学-何が出来るかではなく、何を良しとするかの変化を生もう
vol.7留学計画:あなたは「求めるもの」「動き」「障害」「選択」の組合せで出来ている
vol.8あなたの留学計画のログラインとシノプシスを教えてください
vol.9ボードビル(上演演目の順序決め)とあなたの留学計画の伝え方

 

(ちなみに作った物語を人に伝えるときのために「TEDトークから学ぶ、人に伝わる留学計画」と題した連載を並行して行っていきます。是非御覧ください)

キャラクターは「求めるもの」で出来ている

物語は何から作られているか。それはストーリーとキャラクターである。ミニマムにすれば必要なものはこれしかない。ストーリーが無ければキャラクターは静止画であり、キャラクターが無ければストーリーは骨組みだけの傘のようなものだ。

物語理論は主にストーリーにフォーカスしているものだが、キャラクターとストーリーが両輪である以上こちらにも触れる必要があることは当然だ。でも、キャラクターとはなんだろうか? もしあなたが留学計画に物語理論を活用しようと考えているなら答えはシンプルだ。キャラクターとはあなたである。

キャラクターは「求めるもの」を持っている。それは切実であればあるほど人を引き込むものがある。永遠の命を求める悪役は数え切れないほどいるし、富と名声を求める主人公も枚挙に暇がない。失った人はそれを取り戻すために手段を選ばないかもしれないし、悲嘆に暮れる人は慰めを求めているかもしれない。

大事なことは、求めるものがわかれば行動することが出来るということだ。求めるものがわかればアプローチがわかり、アプローチがわかれば後は一歩を踏んでいく他ないからである。海賊王を目指す主人公は、海賊王になるためのアプローチを取るのである。

これまで古今東西あらゆる物語で求められてきたものを「物語の法則」という本を参考に列挙してみよう。ああ、自分の好きな物語のキャラクターが求めているものはこれだなと納得するものがかならずあるはずだ。

愛、金、喜び、証明、承認、安全、復讐、安定、権力、勝利、自由、受容、名声、贖罪、敬意、冒険、ドラッグ、逃亡、才能、家、独立、忘却、記憶の再生、遺産、許し、友情、死、アイデンティティ、孤独、平和、幸福、家族、不老不死、知識、神、真実

あなたが求めるものは?

さて、改めて自分自身のことを考えてみよう。あなたが求めているものはなんだろうか。あなたが切実に求めているものはなんだろうか。何が無くてはダメなのだろう。どうしても必要としている、乾きに似た欲望はなんだろうか。もちろん、上記のリストに入っていなくても構わない。

上記の中にあるとしても、それをより詳細に考えることも重要だ。上の多くは誰もが望むものだ。でも、その内実は人によって異なる。愛を取り上げてみてもすぐに分かる話だ。特定の個人からの愛が欲しいのか、それとも人を愛することを知りたいのか、母からの愛やぬくもりを見つけたいのか、それによって全く違う。

平和もそうだ。一体、誰の、何のための、どのような平和だろうか。これらのキーワードがこれだけ普遍的でありながら様々な物語の原型になりえたのは、まさにこのように解釈の広がりがあるからである。傍論だが、実は魅力的なライバルキャラクターというのは往々にして同じ求めるものを違う解釈で理解するものである(名声を暴力で得ようとするもの、対話で理解しようとするものの対立はよく見聞きするはずだ)。

留学計画で人が求めるもの

人によって様々な求めるものリストを作ることが出来ると思うが、ここではいくつかこれまで見てきた留学計画に含まれていた「求めるもの」を置いておこう。そのほうがイメージしやすくなるかもしれない。

1.世界を見てみたい

2.北欧の進んだ福祉政策を知りたい

3.シリコンバレーで最新のビジネスが生まれるところを見てきたい

4.ドイツにおけるシリア難民の受容と難民の現地語力の関係を知りたい

などなど、様々なレベル感のものがある。求めるものは人によって全く異なるし、その解像度も全く異なる。上から下まで少しずつ解像度を上げているのかなんとなくわかるだろうか。5W1Hやメカニズムが明確になっているから違って見えるはずだ。

ちなみに、留学計画を人に提出する必要が有るような人は奨学金を獲得するためであったり、留学計画を受け入れてもらわなければならない人たちだろう。そのような意味では、1よりも4の方が基本的には良いことは間違いない(ただし求められるレベルによっては1でも十分なこともある)。

終わりに

魅力的な物語、ドラマや小説を作ることと、留学計画をブラッシュアップすることはとても良く似た作業を必要とする。キャラクターは現状に何か不満を持ち、外部へ飛び出して困難を乗り越え、何かを獲得して元いた場所に戻る。その時、最初にあった不満は獲得してきたナニカによって解消されるのだ。

このナニカは、あなたが求めるものであるはずだ。あなたが求めるものさえわかれば、そのために必要な冒険(つまり留学計画の中身だ!)も明確になる。ここを即座に答えられない人は、何度も自問してみよう。

連載「留学計画を、物語のように作ろう」
vol.1面白い物語には「テーマ」がある:留学計画の全ての始まりを話そう
vol.2あなたの物語(留学)に「求めてやまないもの」はあるか?
vol.3あなたの留学計画が退屈で平凡なのは「両極の対立」が含まれていないからだ
vol.4英雄流離譚(Hero's Journey)と留学計画:あなたは行きつ戻りつ何を得るのか?
vol.5あらゆる冒険譚に共通する要素を留学計画に盛り込んでみよう
vol.6内面の旅としての留学-何が出来るかではなく、何を良しとするかの変化を生もう
vol.7留学計画:あなたは「求めるもの」「動き」「障害」「選択」の組合せで出来ている
vol.8あなたの留学計画のログラインとシノプシスを教えてください
vol.9ボードビル(上演演目の順序決め)とあなたの留学計画の伝え方

 

また、このような留学計画の作り方や語り方について1000名以上のカウンセリングをしてきました。オンラインでの個別相談を希望の方はぜひこちらよりご連絡ください。