あなたの留学計画が退屈で平凡なのは「両極の対立」が含まれていないからだ

あなたの留学計画が退屈で平凡なのは「両極の対立」が含まれていないからだ

「なんだか悪くないんだけど、応援したくなるようなものでもない」そう言われる留学計画は多い。あなたの計画には、内的・外的な対立が含まれているだろうか。あなたを応援したくなるような対立が必要だ。

この連載について

この記事は「物語理論と留学計画」という連載の中の一部です。胸躍るような物語、不朽の名作として語り継がれるシナリオ、それらの多くに共通する構造を読み取ることを文学の中でも物語構造論と言います。桃太郎もハリーポッターもスターウォーズも皆共通する構造を持っているのです。ハリウッドやディズニーのシナリオライターも活用する考え方を、私はキャリアや留学計画に応用する考え方「物語理論」として提唱しこれまで1000名以上に伝えてきました(中央経済社より書籍にもなっています)。

留学計画に悩んでいる人、いまある留学計画をもっと良いものにしたい人、出来上がった留学計画をもっと多くの人に響くものにしたい人は是非この連載を読み進めてみてください。きっとその悩みに応えるアドバイスがたくさん見つかるはずです。さあ、それでは始めていきましょう。

連載「留学計画を、物語のように作ろう」
vol.1面白い物語には「テーマ」がある:留学計画の全ての始まりを話そう
vol.2あなたの物語(留学)に「求めてやまないもの」はあるか?
vol.3あなたの留学計画が退屈で平凡なのは「両極の対立」が含まれていないからだ
vol.4英雄流離譚(Hero's Journey)と留学計画:あなたは行きつ戻りつ何を得るのか?
vol.5あらゆる冒険譚に共通する要素を留学計画に盛り込んでみよう
vol.6内面の旅としての留学-何が出来るかではなく、何を良しとするかの変化を生もう
vol.7留学計画:あなたは「求めるもの」「動き」「障害」「選択」の組合せで出来ている
vol.8あなたの留学計画のログラインとシノプシスを教えてください
vol.9ボードビル(上演演目の順序決め)とあなたの留学計画の伝え方

 

(ちなみに作った物語を人に伝えるときのために「TEDトークから学ぶ、人に伝わる留学計画」と題した連載を並行して行っていきます。是非御覧ください)

面白い物語には対立がある

どんな物語を想像してもらっても構いません。その物語の中には必ず対立が含まれています。それが内部で起きている場合は「葛藤」と呼ばれる場合もあります。それはつまるところ、2つの選択肢、2つの価値観、2つの人生のどちらを選ぶのかという葛藤です。

愛する人、あるいは祖国。そのどちらかを選ばねばならず。どちらかを選べば片方は手に入らない。古典的な立て付けであり、そして普遍的な物語の構造の一つがこれです。2つ、ないし3つの中から選ぶことそのものがドラマなのです。

皆さんの留学計画にはどのような対立があるでしょうか。自分の中にある葛藤だけではなく、社会のメインストリームと少数派の間の対立だってありえます。例えば「資本主義的な考え方v.s.ソーシャルな起業」もそうですし、「西欧的な物の考え方v.s.アジアやアフリカなどの多様な視点」かもしれません。

面白い留学計画というのは、常に何らかの対立を含んでいて、その対立を自分なりに解消するための方法として留学計画が位置づけられていることが多いのです。北欧の子育てと日本の子育て、イタリアの労働と日本の労働といった国ごとの比較だってある種の対立構造だと言えるでしょう。

対立は解消へ向かわせよう

そして、これは極めて大事なことですが対立は必ず解消に向かう必要があります。どちらかを選ぶにせよ、その両方の良いところをうまく混ぜ合わせて「第三の回答」を導くにせよ、なんらかその結末を考えておく必要があります。

留学によって「両方を見て、どちらかを選ぶ」というのもありですし「その両方を統合するために留学に行く」でも良いですが、対立構造の解決に留学が役に立つということを説明する必要があります。もちろん留学に行ったら実際は更に複雑であったり自分が想定していたものとは違うことを知るかもしれませんが、あくまで計画段階ではそれが最大限うまく行ったときのことを説明する必要があります。

「どんな考え方が対立しているのか」「自分はその対立をどのように考えているのか」「その対立は留学によってどう解消されるのか」「解消されることによってどんな嬉しいことがあるのか」を丁寧に説明することが、留学計画を説明する上でとても重要なことなのです。

ボランティアv.s.ビジネス、金銭的援助v.s.技術的援助、文化v.s.科学などなど様々な対立とその解消が留学計画には含まれていることが多いですが、あなたは自分の留学計画に含まれている対立を説明することが出来るでしょうか。

終わりに

魅力的な物語、ドラマや小説を作ることと、留学計画をブラッシュアップすることはとても良く似た作業を必要とする。キャラクターは現状に何か不満を持ち、外部へ飛び出して困難を乗り越え、何かを獲得して元いた場所に戻る。その時、最初にあった不満は獲得してきたナニカによって解消されるからです。

このナニカは、あなたが求めるものであるはず。あなたが求めるものさえわかれば、そのために必要な冒険(つまり留学計画の中身だ!)も明確になる。ここを即座に答えられない人は、何度も自問してみましょう、

連載「留学計画を、物語のように作ろう」
vol.1面白い物語には「テーマ」がある:留学計画の全ての始まりを話そう
vol.2あなたの物語(留学)に「求めてやまないもの」はあるか?
vol.3あなたの留学計画が退屈で平凡なのは「両極の対立」が含まれていないからだ
vol.4英雄流離譚(Hero's Journey)と留学計画:あなたは行きつ戻りつ何を得るのか?
vol.5あらゆる冒険譚に共通する要素を留学計画に盛り込んでみよう
vol.6内面の旅としての留学-何が出来るかではなく、何を良しとするかの変化を生もう
vol.7留学計画:あなたは「求めるもの」「動き」「障害」「選択」の組合せで出来ている
vol.8あなたの留学計画のログラインとシノプシスを教えてください
vol.9ボードビル(上演演目の順序決め)とあなたの留学計画の伝え方

 

また、このような留学計画の作り方や語り方について1000名以上のカウンセリングをしてきました。オンラインでの個別相談を希望の方はぜひこちらよりご連絡ください。