英雄流離譚(Hero’s Journey)と留学計画:あなたは行きつ戻りつ何を得るのか?

英雄流離譚(Hero’s Journey)と留学計画:あなたは行きつ戻りつ何を得るのか?

英雄は危険を顧みず異世界へと向かい、宝を獲得して元いた場所をより良くする。留学計画を考える上で、英雄譚の作り方を参考にしない手はありません。あなたは留学という旅の果てに何を手に入れますか?

この連載について

この記事は「物語理論と留学計画」という連載の中の一部です。胸躍るような物語、不朽の名作として語り継がれるシナリオ、それらの多くに共通する構造を読み取ることを文学の中でも物語構造論と言います。桃太郎もハリーポッターもスターウォーズも皆共通する構造を持っているのです。ハリウッドやディズニーのシナリオライターも活用する考え方を、私はキャリアや留学計画に応用する考え方「物語理論」として提唱しこれまで1000名以上に伝えてきました(中央経済社より書籍にもなっています)。

留学計画に悩んでいる人、いまある留学計画をもっと良いものにしたい人、出来上がった留学計画をもっと多くの人に響くものにしたい人は是非この連載を読み進めてみてください。きっとその悩みに応えるアドバイスがたくさん見つかるはずです。さあ、それでは始めていきましょう。

7月28日、8月5日にトビタテ10期書類審査向けのワークショップを開催します。多くの合格者を輩出しているワークショップに是非ご参加ください。詳細はこちらから。日程調整が難しい方、地方の方にはオンライン相談も対応しております、こちらを御覧ください。

連載「留学計画を、物語のように作ろう」
vol.1面白い物語には「テーマ」がある:留学計画の全ての始まりを話そう
vol.2あなたの物語(留学)に「求めてやまないもの」はあるか?
vol.3あなたの留学計画が退屈で平凡なのは「両極の対立」が含まれていないからだ
vol.4英雄流離譚(Hero's Journey)と留学計画:あなたは行きつ戻りつ何を得るのか?
vol.5あらゆる冒険譚に共通する要素を留学計画に盛り込んでみよう
vol.6内面の旅としての留学-何が出来るかではなく、何を良しとするかの変化を生もう
vol.7留学計画:あなたは「求めるもの」「動き」「障害」「選択」の組合せで出来ている
vol.8あなたの留学計画のログラインとシノプシスを教えてください
vol.9ボードビル(上演演目の順序決め)とあなたの留学計画の伝え方

 

(ちなみに作った物語を人に伝えるときのために「TEDトークから学ぶ、人に伝わる留学計画」と題した連載を並行して行っていきます。是非御覧ください)

面白い物語が持つ12のステージ

千の顔を持つ英雄という本を知っているだろうか。神話学者のジョゼフ・キャンベルが出版した本で、古今東西あらゆる物語を取り上げて、それらに共通する構造を取り出したことで脚光を浴びた現代の古典の内の1冊だ。

その本が述べたことはとてもシンプルなもの。つまり「あらゆる物語は、色々バリエーションはあるけれど、結局1つの構造に収まる」と言ったのだ。英雄は1人だが、千の顔を持つ。英雄物語の構造は1つだが、千のバリエーションを持つというのである。

では、その英雄物語の構造とは何か? それに着目してハリウッドでいくつものヒット作を作ったクリストファー・ボグラーがそれを端的にまとめている。彼はこの本から得た知識を使って「面白いシナリオを作る方法」を作り上げたのである。

1.日常世界
まず物語は主人公が元々いる場所の描写から始まる。主人公はそこにある価値観に疑問を抱いていたり、ストレスを覚えている。

2.冒険への誘い
何か新しいチャレンジが舞い降りる。

3.冒険の拒否
最初は未知の挑戦に尻込みして、主人公はそれを断る。

4.賢者との出会い
主人公に教えをくれる人が現れる。

5.戸口の通過
主人公は日常世界を去って新しい世界-なじみのない文化慣習や価値観がある環境や領域へ行く。

6.試練、仲間、敵
主人公は新たな世界で試練を受け、それを乗り越える。

7.危険な場所への接近
その世界での最大の挑戦を設定し、それに準備する。

8.最大の試練
主人公は大きな困難に直面し、死に近い状態から這い上がる。

9.報酬
試練を乗り越えたことで主人公は何かを手に入れる。

10.帰路
得られたものを携えて、元いた場所に戻ろうとする。

11.復活
元いた世界に戻るための戸口で再び試練があり、それを克服する。

12.宝を持っての帰還
主人公は宝を携えて元いた場所に戻り、当初抱えていた二極対立が解消されたりして新たな人格に変わる。また次の旅へと向かうことも多い。

面白い留学計画とはなにか?

次回、上の12のステージについて1つ1つもう少し詳細に書き加えたいと思うが、まずはこの基本構造を考えてみて欲しい。ハリーポッターに当てはめても、スターウォーズに当てはめても、恋愛ドラマに当てはめても驚くほど一致するはずである。

面白い物語はこのような構造を殆どの場合持っている。順序が変わったり一部スキップされることも勿論あるが、基本構造はこれである。そして、それは留学計画を考える上でももちろん重要な構造なのである。

留学とはまさに冒険なのだ。今自分が抱えている疑問や、どうしても手に入れたいものを手に入れるためには別の世界に行かなくてはならない。尻込みもするし足を引っ張る人もいるし留学先での試練は辛く激しいものになるのは間違いない。しかしそこで獲得したものを携えて戻ってきた時には、いま抱えている疑問や二極対立は解消に向かっているはずである。

そして「そのような物語を事前に作ること」がとても重要なのだ。それはまさに具体的なプランであり、人に伝わりやすい物語であり、自分が踏み進めていくキャリアの道筋になるからである。順風満帆に行くとは限らない、それでもチャレンジする価値のある冒険が留学なのだ。

留学前にも物語はあることが多い

これはとても大切なことだが、実は物語というのは普段の人生においてもたくさん存在している。中学校や高校に進学することも、大学に入って初めて出会うような友達が見つかることも、全ては物語的な解釈が可能である。今いる場所から飛び出し、新たな世界に踏み込むからだ。

実は、様々な留学奨学金を獲得する人(ここではトビタテに限定するが)は初めての海外ではないことが多い。なぜか? それは、その留学-1ヶ月程度の語学学校や2週間のスタディツアーを含む-自体が冒険であって、それを乗り越えて帰ってきた時に新しい自分に変わっているからだ。新しい自分には、新しい課題と解決方法とモチベーションとが生まれている。

それがあるからこそ、次の物語を想像することが出来るのだ。次の物語に説得力が増すようになるのだ。物語とはさっきの12のステップを辿っておしまいではなく、それが何度も何度も繰り返されながら新しい自分へ破壊と再生を繰り返すことなのである。人生は物語なのだ。

就職活動などで「これまでで経験した一番大変だったことを話してください」などと言われることがあるが、これはまさに「あなたの人生の物語の一節を語ってください」と言っていることに等しい。奨学金の面接なども然りだが、自分の物語をきちんと自分の言葉で語れるようになっておくことはとても大切なことなのである。

終わりに

魅力的な物語、ドラマや小説を作ることと、留学計画をブラッシュアップすることはとても良く似た作業を必要とする。キャラクターは現状に何か不満を持ち、外部へ飛び出して困難を乗り越え、何かを獲得して元いた場所に戻る。その時、最初にあった不満は獲得してきたナニカによって解消されるからです。

あなたの留学計画はどのように構成されていますか。どんな欠如を解消するために、どんな旅をしてくるつもりですか。そこに待ち受ける課題はどんなもので、それは誰と協力したりどんなトレーニングをしたら乗り越えられますか。それを乗り越えた先に得られる報酬はどんなもので、それは最初の欠如の解消に役に立つ形で説明できますか。

留学計画を物語のように語ってみること。これがあなたの留学計画をより魅力的なものにし、また人に伝わりやすくするための一番の方法なのです。

7月28日、8月5日にトビタテ10期書類審査向けのワークショップを開催します。多くの合格者を輩出しているワークショップに是非ご参加ください。詳細はこちらから。日程調整が難しい方、地方の方にはオンライン相談も対応しております、こちらを御覧ください。

連載「留学計画を、物語のように作ろう」
vol.1面白い物語には「テーマ」がある:留学計画の全ての始まりを話そう
vol.2あなたの物語(留学)に「求めてやまないもの」はあるか?
vol.3あなたの留学計画が退屈で平凡なのは「両極の対立」が含まれていないからだ
vol.4英雄流離譚(Hero's Journey)と留学計画:あなたは行きつ戻りつ何を得るのか?
vol.5あらゆる冒険譚に共通する要素を留学計画に盛り込んでみよう
vol.6内面の旅としての留学-何が出来るかではなく、何を良しとするかの変化を生もう
vol.7留学計画:あなたは「求めるもの」「動き」「障害」「選択」の組合せで出来ている
vol.8あなたの留学計画のログラインとシノプシスを教えてください
vol.9ボードビル(上演演目の順序決め)とあなたの留学計画の伝え方

 

また、このような留学計画の作り方や語り方について1000名以上のカウンセリングをしてきました。オンラインでの個別相談を希望の方はぜひこちらよりご連絡ください。