ボードビル(上演演目の順序決め)とあなたの留学計画の伝え方

ボードビル(上演演目の順序決め)とあなたの留学計画の伝え方

あなたが人に何かを伝えるとき、リズムや構成を意識していますか。最初から最後まで同じリズムで話しても聞いている人は飽々します。最初のダッシュ→落ち着き→クライマックス→余韻を意識しましょう。

この連載について

この記事は「留学計画を、物語のように作ろう」という連載の中の一部です。胸躍るような物語、不朽の名作として語り継がれるシナリオ、それらの多くに共通する構造を読み取ることを文学の中でも物語構造論と言います。桃太郎もハリーポッターもスターウォーズも皆共通する構造を持っているのです。ハリウッドやディズニーのシナリオライターも活用する考え方を、私はキャリアや留学計画に応用する考え方「物語理論」として提唱しこれまで1000名以上に伝えてきました(中央経済社より書籍にもなっています)。

留学計画に悩んでいる人、いまある留学計画をもっと良いものにしたい人、出来上がった留学計画をもっと多くの人に響くものにしたい人は是非この連載を読み進めてみてください。きっとその悩みに応えるアドバイスがたくさん見つかるはずです。さあ、それでは始めていきましょう。

(ちなみに作った物語を人に伝えるときのために「TEDトークから学ぶ、人に伝わる留学計画」と題した連載を並行して行っていきます。是非御覧ください)

連載「留学計画を、物語のように作ろう」
vol.1面白い物語には「テーマ」がある:留学計画の全ての始まりを話そう
vol.2あなたの物語(留学)に「求めてやまないもの」はあるか?
vol.3あなたの留学計画が退屈で平凡なのは「両極の対立」が含まれていないからだ
vol.4英雄流離譚(Hero's Journey)と留学計画:あなたは行きつ戻りつ何を得るのか?
vol.5あらゆる冒険譚に共通する要素を留学計画に盛り込んでみよう
vol.6内面の旅としての留学-何が出来るかではなく、何を良しとするかの変化を生もう
vol.7留学計画:あなたは「求めるもの」「動き」「障害」「選択」の組合せで出来ている
vol.8あなたの留学計画のログラインとシノプシスを教えてください
vol.9ボードビル(上演演目の順序決め)とあなたの留学計画の伝え方

 

 

ボードビルとはなにか

聞いたことが無い人がほとんどだと思いますが、ボードビルとはその日演じられる演目の順番を教えてくれるものです。大道芸人のような人たちが沢山集まったり、サーカスで演じられる演目をイメージしてもらえばokです。

面白い喋りで場を沸かすコメディアンもいれば、切ないバラードを歌い上げるディーヴァもいて、曲芸や玉乗りなどの超人的な能力を見せる人もいたり、動物を使ってショーをする人もいたり、マジシャンもいればパントマイマーもいる。そんなショーの演目の順番を示すのがボードビルです。

このボードビル、もちろん適当にランダムに創るわけではありません。その劇場のオーナーが頭を悩ませながら一番観客の心が揺れ動くように構成しているのです。そこにはテンポやリズムがあり、明確な目的もあるのです。それと、あなたが誰かに何か伝えるときの順番を考えるのには類似するところがあります。

ボードビルと留学計画

始まりは劇的に

まずショーのはじめには「来てよかった!」といの一番に思ってもらう必要があります。楽しく、やや騒々しいくらいの演目を出します。演者が走り回って会場全体を温めるようなものです。

留学計画を伝える時には、ダラダラと始めてはいけません。前に記事にもしましたが、聞いている人は「最初の15秒」しか聞いていないと考えてください。15秒しか聞いてくれない人には最初のパンチが非常に重要です。

中盤は盛り上げながら積み上げる

最初にぐっと盛り上げたところで、少し落ち着いて幾つかの重要な話を伝えましょう。最初から最後まで全部盛り上がり続ければ相手は疲れてしまうし、何より『どこを集中して聞くべきだったか』わからないまま終わってしまいます。

クライマックスに向けて、必要な要素を無駄なく伝えていきます。感情的な落差-例えば酷いショック、落ち込み、怒りや憎しみ-などを入れることで、upとdownのコントラストがはっきりするようになります。

大事なのはコントラストなのです。

クライマックス

ボードビルでは、最後から2番目に一番面白い演目を置きます。一番最後ではありません。一番最後はクライマックスで高潮した思いを余韻と共に受容させる時間が必要です。クライマックスではこれまでのストーリーのすべてが集中して結びついた瞬間の感動や驚きを意識して伝えましょう。

ここに伝えたいすべてが集結するように、あなたの伝えたいことやメッセージを『たった一言』にまで落とし込めるようにしましょう。あなたがその日伝えたいすべてが詰まった一文を投げかけましょう。

余韻

最後に、全体をまとめましょう。聞き手は一番良いところを聞いた実感を持って、最後はそのメッセージに完全にやられてしまっている状態です。だからこそ、中盤のいくつかの流れを忘れてしまっているかもしれません。

一番伝えたいことを伝えた後に、改めてそれまでの簡単な流れをまとめて提示しましょう。ここでは箇条書き程度の情報量で十分です。聞いている側が『そうそう、これがあっての最後のメッセージなんだよな』と思うような形に落とし込みましょう。

まとめ

留学計画を伝える時には、特に対面の場合はしっかりリズムやテンポを意識する必要があります。感情を動かす部分、データで論理を動かす部分、その両方をバランスよく混ぜ込む必要があります。upテンポで伝えるときとdownテンポで伝えるところを分けてみましょう。話すスピードも変えてみましょう。コントラストがあるからこそ、あなたが一番伝えたいところが伝わります。

あなたが一番伝えたいことのために、一番伝わりやすい伝え方で伝える。あらゆるコミュニケーションがそうですが、「伝える」と「伝わる」は別のことです。前者は自己本位で、後者は他者本位です。当然ながら自分の留学計画を伝えるときには後者が重要であることは言うまでもありません。

素晴らしい留学計画を創るだけではなく、その伝え方まで十分に配慮しましょう。

終わりに

魅力的な物語、ドラマや小説を作ることと、留学計画をブラッシュアップすることはとても良く似た作業を必要とする。キャラクターは現状に何か不満を持ち、外部へ飛び出して困難を乗り越え、何かを獲得して元いた場所に戻る。その時、最初にあった不満は獲得してきたナニカによって解消されるからです。

あなたの留学計画はどのように構成されていますか。どんな欠如を解消するために、どんな旅をしてくるつもりですか。そこに待ち受ける課題はどんなもので、それは誰と協力したりどんなトレーニングをしたら乗り越えられますか。それを乗り越えた先に得られる報酬はどんなもので、それは最初の欠如の解消に役に立つ形で説明できますか。

留学計画を物語のように語ってみること。これがあなたの留学計画をより魅力的なものにし、また人に伝わりやすくするための一番の方法なのです。

連載「留学計画を、物語のように作ろう」
vol.1面白い物語には「テーマ」がある:留学計画の全ての始まりを話そう
vol.2あなたの物語(留学)に「求めてやまないもの」はあるか?
vol.3あなたの留学計画が退屈で平凡なのは「両極の対立」が含まれていないからだ
vol.4英雄流離譚(Hero's Journey)と留学計画:あなたは行きつ戻りつ何を得るのか?
vol.5あらゆる冒険譚に共通する要素を留学計画に盛り込んでみよう
vol.6内面の旅としての留学-何が出来るかではなく、何を良しとするかの変化を生もう
vol.7留学計画:あなたは「求めるもの」「動き」「障害」「選択」の組合せで出来ている
vol.8あなたの留学計画のログラインとシノプシスを教えてください
vol.9ボードビル(上演演目の順序決め)とあなたの留学計画の伝え方

 

また、このような留学計画の作り方や語り方について1000名以上のカウンセリングをしてきました。オンラインでの個別相談を希望の方はぜひこちらよりご連絡ください。